これらは歯科衛生士を採用できない、あるいは、ようやく採用できても6ヶ月以内辞めてしまう、あるいは、なかなか優秀な衛生士が育たないと悩んでいる院長先生が犯してしまう、
典型的な間違いです。

一般的にあまり認識されていませんが、衛生士の採用・教育にかける費用と時間は莫大なものになります。

そればかりか、事あるごとに歯科衛生士の採用・教育のことがあなたの頭から離れず、
肝心の診療や医院経営に使うべきエネルギーを消耗してしまって、
何のために毎日一生懸命に働いているのかわからなくなってしまいます・・・

 

なぜ昔の私も含め、
多くの院長先生が間違ってしまうのか?

申し遅れました、株式会社デントランス 歯科医師の黒飛一志です。
私は、今出さえ、350名以上の歯科衛生士と連絡が取れ、友人の院長に衛生士を紹介し、
全国で衛生士の採用セミナーを開催していますが、以前はあなたと同じ悩みを持ち、
同じ過ちを繰り返しておりました。

さて、これほどまで多くの院長先生が歯科衛生士の採用・教育に行き詰まってしまう
理由はどこにあるのでしょうか。
どんなに良い条件をつけても優秀な衛生士が応募してこないのはなぜでしょうか。
教育に時間も費用もかけているのに、医院経営の鍵となるような人材が育たないのは
なぜでしょうか。

そうなってしまう理由は明らかです。
断片的に取り入れて、場当たり的・対処療法的に実施しているからです。

歯科衛生士が欲しいからと、ライバル医院より給料を高くして雇用するのが対処療法的な解決です。
給料だけを判断基準にする衛生士は、他に給料の良いところがあれば、
そちらに行ってしまうでしょう。

また、歯科衛生士に予防歯科をやらせたいと思って研修会に出しても、肝心の本人である、
衛生士がその気にならなければ、研修の成果は限られたものになってしまいます。

つまり、院長先生が望む優秀な歯科衛生士を手に入れるためには、採用の時点で
「最終的にどのような人材にするか」といった計画を立てた上で、
そのためにどのような募集をするのか、新人教育はどうするのか、いつの時点でどのような教育をするのか、などの一気通貫の「採用・教育システム」が必要なのです。

一貫性のあるの採用・教育システムとは?

それはあたかも、良い苗を選び、その苗の育成に最適な場所で、
豊富な栄養と水を与えて大切に育てるようなものです。

あなたの医院に個性があるように、もちろん歯科衛生士にも個性があります。
ある医院ではパッとしない歯科衛生士でも、別の医院では生き生きと働く場合があります。
また、同じ能力を持った二人の歯科衛生士に同じような教育をしても、一人は
思い通りの成長をしてくれますが、もう一人は嫌になって辞めていったりもします。

つまり、あなたの医院にとって優秀な歯科衛生士を引き寄せ、その人の特徴、
個性に合わせた教育を施さない限り、望む歯科衛生士を手に入れられない
ということです。

そんな面倒なことをするのは大変だと思うかもしれません。
ですが、場当たり的・対処療法的な採用・教育を続けていたら、あなたは長期的に
大きな損害を被る可能性があります。
その損害とは、採用・教育にかけた費用だけでは
ありません。お金では買えない、あなたの貴重な時間を浪費してしまいます。

また、しょっちゅう歯科衛生士が辞めていったり、あなたの医院に場違いの衛生士
がいたりすれば、あなたの医院の評判が悪くなってしまいます。
先生の地域にいる衛生士の数は限られていますから、
一生涯、採用・教育に悩み続けなければならなくなってしまう可能性が高いのです。

想像してみてください

あなたが必要な時に、欲しい人材が即座に手に入れることができたら、 どんなに楽でしょうか。

優秀な歯科衛生士が結婚を機に退職すると聞いても、慌てることはありません。
どんな条件にしようかとか、どこの求人誌で応募しようとか悩む必要はありません。
もちろん、求人費用もほとんどかかりません。

また、新しく入職した歯科衛生士に最適な教育内容・期間や教育の順番がわかっていたら
どうでしょうか。

その歯科衛生士が、いつ頃、どういう戦力になるのか、そのためにいくら必要になるのか、
そうなったら医院の売上にどう貢献してくれるのかがあらかじめ予想がつき、
その通りになるのです。

時間も費用も無駄になりませんし、経営に与えるダメージも最小限に抑えられます。

そんなシステムは誰も作れませんでした、、、
これまでは。

それには2つの理由があります。

1つ目は、歯科医院の採用から教育までを体験しているのは、
他ならぬ歯科医院院長だけだから
です。

多くのコンサルタントや事務長は歯科医院経営を外から見て知ってはいるかも
しれませんが、医院内部の深い部分は知りません。

歯科衛生士の採用・教育システムはコンピューターのプログラムとは違います。
生身の人間同士の問題です。これは、外から見ているだけではよくわかりません。

ですから、一部分についてのアドバイスや提案はできますが、それが全体計画のどこに位置しており、その部分で何を達成するのかは、彼らは計画できないのです。

2つ目は、このシステムの対象は歯科衛生士であることです。
先生ではありません。つまり、このシステムは、あなたの医院が成功するために

必要な歯科衛生士を獲得・育成することを目的としていますが、その通りになるかは、 歯科衛生士側の感情や考え方を無視しては成立しないということです。

あなたが女性歯科医師ならばまだしも、男性の場合には、女性の立場に立った物の見方を
することさえも容易ではありません。

ですから、歯科医師で歯科専門経営コンサルタントである、私黒飛と
歯科衛生士で人財育成コンサルタントである、濵田真理子が
タッグを組んで歯科衛生士採用・教育システムを開発しました。

それが、今、あなたにご紹介したい

友人にとにかく黒飛先生のセミナーに行けとすすめられ、参加しました。
参加すると、目から鱗の連続でした。
実際に黒飛先生と濵田先生のいう事を実践して、来年春から新卒の歯科衛生士を
2名雇うことが出来ました。
今まで、1年以上歯科衛生士の求人はうまく行かなかったのですが、実行すると
効果が出ました。ありがとうございました!
また、歯科衛生士の教育というのが良くわからなかったのですが、しっかりと
教育のピラミッドを考えて、価値観教育を行うようになってから、
スタッフとの関係が非常に良くなったように思います。

あまり感想文を書いて、他の院長にこのセミナーを知られるのは嫌ですが、 黒飛先生と濵田先生にはお世話になったので、書かせていただきます。

(静岡県 医療法人 院長先生)

このセミナーでお話しする内容の一部をご紹介すると、、、

もしあなたが、歯科衛生士を採用できなくて悩んでいたり、どんなに教育しても
歯科衛生士が育たない理由を知りたい、または、もっと効率的に教育したいと
思っているのなら、このセミナーはあなたのためのものです。
忙しいあなたのために、これらのエッセンスを限界まで濃縮して、半日でお伝えします。

もちろん、たった半日であなたの医院に最適な採用・教育システムが完成して、
予防歯科を始められるわけではありません。あなたの医院の理念や経営方針、
既存の歯科衛生士の能力などによってシステムの内容が変わってくるからです。

しかしこのセミナーでは、これまで誰もお伝えできなかった歯科衛生士の
採用・教育システムの骨格
を知ることができます。

ですから、あなたはこのシステムの骨格に、自医院の状況を肉付けしていくことで、
あなた独自の採用・教育システムを作ることができるようになります。
このシステムは一度作ってしまえば、後は、
状況の変化に合わせ修正するだけで、長期間、機能します。

つまり、あなたは、今後、歯科衛生士の採用・教育に悩まされることなく、
自分の仕事に没頭でき、予防歯科を充実させて、あなたの医院を成功に導くことが
できるのです。

2017年は2回しか開催しません!お急ぎ下さい!
日時
2017年2月19日(日) 13:00〜17:00
2017年9月10日(日) 13:00~17:00 ※ 懇親会が近隣にてあります(参加費4,000円~19:15)
場所
ともにJR東京駅徒歩圏内の会場
参加費用
30,000円(税込)

このセミナーにはどれほどの価値があるでしょうか?

その衛生士を一人確保するために30〜50万円かけていらっしゃる院長先生が 多いようです。
これは一般企業の新入社員採用費用から見ると少ない方で、
通常は100万円以上必要と言われています。

このため、150万円ほどかけて歯科衛生士を募集している院長先生もいらっしゃいますが、
それでも衛生士が集まらない場合があります。

また、仕組みがあれば、1人の衛生士が100万円以上の売上を上げることで可能です。
そのためにどれくらいの投資をするのでしょうか?

そのような状況を考えると、この「歯科衛生士 採用・教育セミナー」で、
どんな歯科医院でもほぼ恒久的に使えて、優秀な歯科衛生士を採用・教育するシステムの
骨格が手に入るのですから、その価値は計り知れないものがあります。

かといって、あなたの医院の状況に合わせてシステムを完成して頂かないといけませんし、
セミナーは半日間しかありません。そこに何十万円もの費用を請求されても
納得いかないでしょう。セミナーの内容はその何十倍の価値があるが、参加してみないと
わからないから」と濵田真理子さんと話し、出来る限り多くの先生が参加しやすいように、3万円でご参加頂けるようにしました。

たった3万円で、独自の歯科衛生士採用・教育システムを作れるようになって、
それを実行しさえすれば、一生涯、歯科衛生士の採用・教育に悩まなくて良くなる
のですから、こんな費用対効果の高い投資は他にありません!

さらに2大無料特典もお付けします!

歯科医院の人財教育のエキスパートである濱田真理子が、新人スタッフから、入職1年目、入職3年以上、中途採用者、5年以上(チーフ候補)、チーフと段階別に人財開発のポイント・コツ・留意点を詳解した1冊です。

スタッフの定着率が低い現状から、新人スタッフにページをさき、教育・サポート体制をつくり、スタッフの人財化と定着化をはかるノウハウを集約し、本書のキーワード「見本を示す」「伝える」「見守る」を軸に、36の秘訣を展開しています。セミナーに参加して、後で読み返すと理解が深まります。

デントランス黒飛が、350名以上の歯科衛生士とのやりとりを通じて
まとめた「歯科衛生士・採用虎の巻」です。
あなたは今後、歯科衛生士採用に困らなくなるでしょう。

でも、あなたは参加できないかもしれません

なぜなら、このセミナーは会場の収容人数の関係から20名限定だからです。
前回のセミナーでは、ご案内当時に全ての席が埋まってしまって、
参加をお断りする状況でしたので、今回も早々に埋まってしまうと思います。

ですので、今すぐに参加を表明してください。
講師紹介
株式会社デントランス 代表取締役
歯科専門経営コンサルタント
黒飛 一志(くろとび かずし)

大阪大学歯学部卒業後、東大阪市の歯科医師にて勤務し、 副院長として多人数のスタッフのマネジメントを行う。

平成22年に大阪市に「あおぞらデンタルクリニック」を設立し、 その後、医療法人化を行う。

2013年、株式会社デントランスを設立し、
集患および経営の2軸で歯科医院の支援を本格的にスタートする。

また「世界中から虫歯をなくしたい」という理念を元に
「歯みがきで世界から虫歯をなくす会」を設立し、ミャンマーの子供たちを
検診するなど、積極的にボランティア活動に取り組んでいる。

有限会社エイチ・エムズコレクション 代表取締役
歯科衛生士/人材育成コンサルタント
濱田 真理子(はまだ まりこ)

日本大学歯学部付属歯科衛生士専門学校を卒業後、
当時南カルフォルニア大学と一部学問で提携していた財団法人 日本歯科研究研修協会に勤務。

24歳で企画・人材開発を行うエムズコレクションデンタルネットワークを起業。
二年後に法人化しエイチ・エムズコレクション代表取締役となる。

医療分野の患者満足度を研究する中で、
スタッフの影響がとても多い事をデータで発見する。
スタッフの育成で病院が成長するための人材育成を中心に行っている。

P.S.

これ以上、歯科衛生士の採用・教育で悩まないでください!
「一貫性のある歯科衛生士採用・教育システム」を知って実行すれば、
あなたは優秀な歯科衛生士を好きなだけ確保し、歯科医院の効率性・収益性を高め、
あなたの理想の人生を送ることができます。

P.P.S.

歯科医院経営を安定させるための「歯科衛生士 採用・教育セミナー」の
参加費はたったの3万円で20名限定ですから、すぐに席が埋まってしまう
可能性があります。

今すぐに参加を表明してください。
医院名

(例) 黒飛歯科医院

院長名

(例) 黒飛 一志

メールアドレス

(例) info@dentrance.jp

お電話番号

(例) 0120-648-075

参加会場
一言コメント